Loading...
Home2020-08-02T22:41:25+09:00

顔認証とサーモグラフィ技術を組合AI温度検知端末

新型コロナウイルス感染症拡大の終息にむけて、さまざまな場所で活躍します。勤怠管理、入退出管理、他応用可能。

詳細について

顔認証 + 体表温度検知サービス

世界的に新型コロナウイルスの感染が拡大する中、感染拡大防止に用いられる赤外線サーモグラフィカメラが注目されています。赤外線サーモグラフィカメラを使用して検査を行うには、赤外線カメラの機種選定、購入から始まり、その取扱いを覚え、モニター、パソコンを準備設置し、人員を配置することが必要となり、想像以上に面倒で経費と時間がかかります。
弊社の非接触式セルフ体表温度検知カメラは手頃な価格、簡単な設置方法でご提供できます。

顔認証+体表温度検知総合管理プラットフォーム

顔認証デバイスや登録者情報、認証レコードの一元管理ができる管理プラットフォーム

詳細について

病院

感染リスクが高い場所での体温異常確認、お手間とお時間を少しでも軽減できる

工場

最大30人の同時検温。離れた場所からでも正確。1秒ほどで温度測定。測定精度±0.5℃での測定。

ホテル

人が多く集まる施設における施設内感染や集団感染のリスクを低減する

学校

学校に入ってから、全員がサーマルカメラで体表温度検知して、異常がないことを確かめて教室に入る体制

オフィス

社員の体表温度管理以外、入退室管理、勤怠管理など様々な利用シーンも利用可能

商業施設

商業施設等でのウイルス感染リスク軽減

日本利用実績

当該製品は2020年5月31日の時点で300台以上販売してまいりました

ニュース

その他