Project Description

製品概要

iFLY32

顔認証とサーモグラフィ技術を組み合わせ、タブレット型の端末だけで、手軽に安価に施設入口での検知が可能となるAI温度検知端末です。「セルフ」なので、スタッフが、近くにいなくてもアラーム音が鳴り、複数列も一人で対応可能です。この製品は、マスク着用でも顔を検出し瞬時に検知できます。らくらく検知ツールとして、新型コロナ感染拡大防止に貢献できることを期待しております。

AI技術でおもてなしサービスを実現!!

検知速度は1秒以下 マスクはしたままでOK

工事不要・パソコン不要 マウス1つで簡単設置

徹底的な日本仕様日本人が監修した日本語化 WiFi、Bluetoothに対しての技適取得済み

履歴データの記録時間、温度、写真の記録が可能USBメモリーに出力も

製品仕様

  • 型式:Face Plus
  • 検知速度:0.5秒〜1秒

  • 検知誤差:±0.3度(室内10℃〜30℃において)

  • 解像度:1024 * 600

  • 防水:IP55

  • 機能:基準値変更、リアルタイム通知音、データ保存/エクスポート

  • ディスプレイサイズ:7インチ

  • 外部電源DC12V/2A、外部AC、消費電力12W

  • 寸法:121mm(横)*225mm(高さ)*25mm(厚さ) 重量 1.5kg

  • 三脚用設置金具、ACアダブター付属

*本製品は医療機器でありません。体温測定や診断目的には、医療機器を仕様してください。

多様な拡張性

顔認証機能付きな為、端末側で収集した検温と写真データを管理プラットフォーム側に送ることにより、多様な拡張性が期待できる。

日本実績

三脚とスタンド

自立スタンド:省スペース

標準三脚:安定感抜群

スタンド式一脚:省スペース

ミニ三脚:卓上設置用