当社は、新型コロナウィルスワクチンの保管温度を一元管理できる「省力化温度管理サービス」を2021年7月20日より提供致します。

ワクチンを保管する冷凍庫内の温度データをクラウドに送信し、パソコンやスマートフォンで確認できます。温度の異常を感知すると管理担当者にメール、SMSなどで通知し、その場で目視により温度確認していたのが省力化が図られ、冷凍庫の周囲に人がいなくなる夜間や休日などでも異常を早期に覚知できます。

■ 「省力化温度管理サービス」の特徴

・冷凍庫の温度計にOCRカメラを設置、自動的に温度を読み取りクラウド上に収集
・エッヂAIにより数値を補正し適性値を表示
・温度状況を5〜15分毎に管理し、異常値にはアラートをメール・SMSで発報
・PCやスマートフォンから、見易い画面で分かりやすく状況を管理
・OCRカメラはどなたでも簡単に設置、導入まで短期間で(1台5分間)対応可能
・温度変化統計レポート機能を装備、Excel・CSV・Word・PDFなどの出力が可能
・非常に低コストでご提供が可能

■ 「省力化温度管理サービス」が問題を解決できる!

ワクチン保管の冷凍庫が電源喪失等で適性な温度管理ができず、ワクチンが廃棄される事故が相次いでおります。また、温度管理は定時的に目視で確認しており、夜間でも冷凍庫のそばにいる等、工数がとても多くかかってるのが実情です。
当社では独自に開発したOCRカメラから、冷凍庫の温度計を5〜15分毎に自動的に読み取り、クラウド上に収集してPCやスマートフォンから確認することで、温度管理の正確性と省力化を実現しました。

▼詳しくはこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000066006.html

PDF版のプレスリリースはこちら

Share This Story, Choose Your Platform!